『彼氏とのケンカを長引かせる原因』

『彼氏とのケンカを長引かせる原因』

付き合いたての頃は、相手のどんなところでも愛せたけど、長く付き合うにつれ段々と相手の嫌な部分が許せなくなり、それがケンカに発展してしまう。
それはしょうがないことなんですが、出来ればケンカはしたくないし、もししてしまったとしても長引かせたくないですよね。
もちろんケンカをするという事は、お互いの主張をぶつけ合う訳ですから、ある程度お互いが納得出来るまでは続いてしまいます。
ですが、ちょっとした言動が原因で、不用意にケンカを長引かせてしまうなんていうこともあるんですね。
ではいったい、そのちょっとした言動とはどういったものなのでしょうか。
そこで今回は、「彼氏とのケンカを長引かせる原因」をご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

<彼氏とのケンカを長引かせる原因その1.怒っている理由を言わない>

怒ると不機嫌になり口を利かなくなる人がいますが、理由を聞いても言ってくれないと分かりませんよね。
女性は「言わなくても気づいてよ」という気持ちなのでしょうが、男性は基本的に鈍感な生き物なんです。
そもそも理由が分からないと、彼の方もどうしたらいいか分からずに困ってしまいますし、謝るにしても何に対して謝っていいのかすら分かりません。
「なんで私の気持ちが分からないの」と怒らずに、まずは自分が何に対して怒っているのかをしっかりと意思表示するようにしましょう。
そこでようやく話し合いのスタートラインですので、自分の気持ちをきちんと主張してくださいね。

<彼氏とのケンカを長引かせる原因その2.逆切れ>

ケンカというのは、どちらかが一方的に悪いという事ではなく、お互いに悪い部分があるから起こるんですね。
向こうが言ってきたことに対して、逆切れをして自分の非を一切認めないと、話がまったく前に進みません。
相手の主張を聞いて、「確かにそこは私が悪かったな」と思えば、素直に認め謝罪しましょう。
そのうえで自分の気持ちを主張すれば、相手も素直に自分の非を認め、謝罪してくれるのではないでしょうか。
お互いに素直な気持ちが大事ですので、ムキにならずに悪いと思ったことは素直に謝りましょう。

<彼氏とのケンカを長引かせる原因その3.彼の事を避け続ける>

ケンカをしたら、一方的に着信拒否にして音信不通になる女性がいますが、それではいつまで経っても解決できませんよね。
今は彼の顔も見たくないし、声も聞きたくないというのであれば、LINEでかまいませんのでその旨をきちんと伝え、「気持ちが落ち着いたらまた連絡します」と言っておきましょう。
何も言わずに突然連絡が途絶えたら、きっと彼も心配するでしょうし、そもそも話し合いどころか謝罪すら出来ませんよね。
気持ちが落ち着くまでは彼に会いたくないという気持ちは分かりますが、ただ単に避け続けるだけでは長引くだけですので、「今は会いたくないけど落ち着いたら連絡する」という旨は必ず伝えて下さいね。

以上、彼氏とのケンカを長引かせる原因を3つご紹介いたしました。
いつまでも気を使い合う関係よりは、思っていることをきちんと伝えて、時にはケンカが出来る関係性の方が良いですよね。
ただ、一歩間違えるとそのケンカが原因で別れにまで発展してしまう可能性がありますので、なるべく早く仲直りするようにしましょうね。

成田会場の婚活パーティー結果報告

06/17(土)19:00 成田会場 男性:44名 女性:36名 21組(53%)
今日の成田も一言!最高のパーティーでした。
人数バランスが40vs30前後で本当に安定しています。
なんども言っていますが、この人数、このバランスが絶妙な盛り上がりを見せ、高カップル率につながっているんだと思います。
相変わらず高いカップル率で最高のパーティーでしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加