『相手の欠点を指摘する際に気をつけるポイント』

『相手の欠点を指摘する際に気をつけるポイント』

大好きな相手でも、長年付き合っていると嫌な部分や欠点が見えてくるものですよね。
でもそこで、ストレートに「こういうところが嫌だ」と指摘してしまうと、けんかへと発展してしまいかねません。
相手の欠点を指摘する際には、相手の気持ちを逆なでせずに上手に伝えれば、素直に聞いてもらえるようになります。
ですが、いったいどのような言い方をすれば相手は素直に聞いてくれるのでしょうか?
そこで今回は相手の欠点を指摘する際に気をつけるポイントを紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

tsu88_keitaidenwatuyopon-thumb-815xauto-16014

<欠点を指摘する際のポイントその1.自分の気持ちを添える>

単純に「もっと○○してよ!!」とか「そういうところが嫌だ!!」などという言い方をすると、相手をただ怒らせるだけになってしまいます。
相手も自分の悪いところを分かっているけど、そういう言い方をされるとついムキになってしまい素直に認められなくなるんですね。
ですのでそういう時には、「○○してくれると嬉しい」とか「そういうことをされると悲しい」という言い方をしてみましょう。
そうすることで相手も逆上せずに素直に聞いてくれるようになるかもしれませんよ。

<欠点を指摘する際のポイントその2.フォローを入れる>

人間は誰しも、良いところもあれば悪いところもあります。
その悪い部分だけを指摘されると、「自分の事何も分かってないくせに」などとネガティブな感情を持たれ、聞く耳を持ってもらえなくなるかもしれません。
ですので、「あなたの○○な所はすごい好きなんだけど、こういうところはちょっと苦手かも」というような言い方に変えてみましょう。
言われた相手は、「自分の事をよく見てくれてるんだ」と思い、自分の悪いところを素直に認め、直そうとしてくれるかもしれませんよ。

<欠点を指摘する際のポイントその3.聞いてくれたことに感謝する>

相手に対して、直して欲しいところを伝え終わったら、最後に「話を聞いてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみましょう。
改まって感謝の気持ちを言われると、ついつい受け入れてしまうということがあります。
実際に言われた方は、反論しようと思って最後まで聞いてたけど、ありがとうと言われると何も言い返せなくなるそうですよ。
もちろん直して欲しいところを伝える時も、丁寧に相手の気持ちを考えながら言わないと、効果が無いので注意してくださいね。

以上、相手の欠点を指摘する際のポイントを3つご紹介いたしました。
3つのポイントすべてに共通することは、「あなたと今後もずっと仲良く一緒にいたいから」という思いを持って伝えることです。
感情的になって相手を責めるような口調にならないように気をつけましょう。

柏会場の婚活パーティー結果報告

9/22(木)18:45 柏会場 男性:37名 女性:30名 14組(42%)
台風による大雨ですが、こういう時は着席型は良いですね
余裕ですw
この雨がFT制でしたら、アポ無し参加が激減しますのでなきそうです。
着席は完全予約制なのでキャンセルがいないです。
当日の予約は少ないですしね。
前回25vs25で沢山お断りした柏着席でしたので、今回は30vs30に一旦定員をして
即完売したので35vs30まで増席しました。
正直パレットの着席で35vs30は入れすぎでしたね。
次回は30vs28程度で完売させるのが程よいかもです。
パーティーはカップル率も高く良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加