出会いのパーティー よくある失敗談

1.パーティー選定は慎重に…
参加するパーティー選び。これはかなり重要な要素です。自分の年齢やスペックなどの参加資格に合ったパーティーを選びましょう。
特に女性の年齢については「フリー」である場合もあります。男性の参加年齢の上限に近い場合や超えている場合、少しハンディーがあると思ってください。

2.予約は確定していますか?
予約無しで参加できるパーティーもありますが、ほとんどのパーティーが完全予約制。
現在ではインターネット予約される方が多いと思います。中でも一番多いトラブルは「予約をしたつもりが入っていない」コレです。
残念ながら、原因のほとんどが参加者側にあるのが現状です。予約確定のリターンメールは届いてますか?携帯の迷惑メール設定で、PCメールをシャットアウトしてる場合が断トツTOP。
せっかく準備万端でお越し頂いても、予約が出来てなくて入場できなければ元も子もありませんね。予約の確定確認は必須です。

3.遅刻してしまった!
交通機関のトラブルなどで遅刻するのはやむを得ませんが、遅刻してイメージアップする事はありません。パーティー進行の説明を受けらないのも不利ですよね。
遅刻しないように、是非、余裕を持ってお出掛け下さい。

4.服装でスベった?
主催会社によっては服装指定があります。
事前に確認しておきましょう。
また、特に指定がない場合も、初対面の方に好印象を与えるような服装を選びましょう。
超個性的なファッションで登場する方がいます。明らかに失敗だと思います。
どんな服装が良いのか?については長くなりますのでここでは触れませんが(笑)
主催会社のサイトの「よくある質問」に掲載があるはずです。チェックしてイベントに合った服装で参加しましょう。

この辺で結果報告を・・・

5/31(日)水戸会場の婚活パーティー結果報告

5/31(日)18:00 晴 男性:56名 女性:51名 カップル30組(56%)
前回に引き続き、カップル率「55%越え!」最高のパーティーでした。
人数も程よく、比率も良く、何と言っても今日は参加者様の姿勢が素晴らしい!!
また、この人数で遅刻はほぼいませんでしたので、時間通りにスタートでき、進行内容や会話時間の短縮もありませんでした。
0531mito

出会いのパーティー よくある失敗談(つづき)

5.会話はある程度シュミレーションして
出会いのパーティーでの会話。想像してもらえばわかるように、初対面の方とお話をします。ですからお互いの事を理解したり、アピールしたり、そのような展開なると想像できます。自分の趣味や性格、長所や生活環境についてどのように伝えるか…あらかじめシュミレーションしておくと良いですね。
緊張のあまり「えーと、あーと…」で時間を費やすと何も伝わりませんもんね!

6.情報公開はどのあたりまで?
パーティーに必ずつきもののプロフィールカード。ここに記載する内容も注意が必要です。初対面の相手にどこまでオープンにするのか?また、秘密が多くても何も伝わりません…。
名前や在住地(市町村名)、職業(業種)、趣味や家族構成(兄弟いるとかいないとか)、この辺りはそれほど差し支え無さそうですね。
中にはメアドや電話番号を尋ねてくる相手もいます。特に女性はカップルになったり、会話の中で「この人とは繋がりたいなー」という方にだけ連絡先をお教えしたら良いのでは?と思います。
みんなにメアドを教えてしまい、困ったという問合せが弊社に来ることもありますよ。

7.投票で人気者を選んで玉砕
あなたが超気に入ったお相手は、きっとライバルがたくさんいます。それをまず理解してくださいね。見た目も素敵で、会話もスマート、仕事も出来そう、ちょっとリッチっぽい…。理想ですね!会場内の人気者上位3名に投票したとします。会場の同性全員がライバルになってます(笑)玉砕を覚悟してください(笑)
だからと言って、ランクを下げて投票するのもちょっと…。わかります。
ここは折衷案です。3名書けるとしたら、1番気に入ったお相手は是非書きましょう!しかし、2番と3番は”友達になるならこの相手も良いかなぁ…”という程度の方をチョイスしてくれませんか?誰ともカップルにならなかった場合、何も繋がりを持てずに帰ることになります。繋がりを作って開拓するのも「婚活」の醍醐味です。

8.アフター出来ず!白紙撤回!
パーティーでカップルになったら、アフターでお茶飲みか食事に行くことを勧めます。
お相手の都合もあって、その場では連絡先交換をして「また後日…」というケースも多いですね。なるべくあなたの都合では、そうしないようにしましょう。なぜなら、一夜明けると「あの人、どっちでもいいかな…」となる場合も多いのです。これは人間の心理ですね。ホメオスタシス(恒常性)というそうです。アフターに行けない場合には、その代わりに5分でも10分でも立ち話してはいかがですか?

9.フォロー
カップルになって連絡先交換、または会話中に連絡先を交換したお相手へのフォロー不足も失敗談として多く挙がります。
まずは、その日のうちに第1弾のお礼メッセージを入れましょう。もちろん時間帯の配慮も必要です。遅くても翌日に。
これは婚活に限らず良好な人間関係を築くうえで大切な要素ですね。
失敗談としては、交換した連絡先が間違ってた!これはフォロー以前の問題ですが、その場でさりげなくメッセージを送ってみるのもフォローのひとつですね。
最初は少しマメに連絡を取り、関係を育みましょう。

以上が、よくある失敗談と対策でした。
是非、参考にして素敵な出逢いをゲットしてくださいね!
今日はこの辺で・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加