『逆に引かれてしまう男性へのアプローチ』

『逆に引かれてしまう男性へのアプローチ』

昨今では草食系男子という言葉が蔓延り、恋愛に対して消極的な男性が増えてきていますよね。
一昔前では、黙っていても男性の方から誘ってきてくれましたが、今では男性から誘われることなんてほとんど無いという女性も多いのではないでしょうか?
そんな時代だからこそ、女性はただ待っているだけではなく、積極的にアプローチをしなければいけないのです。
ただ、一つ注意しなければならないことは、とにかくがむしゃらにアプローチをすれば良いという事ではないんですね。
それをやることにより、逆効果となり男性に引かれてしまうなんていう事もありえます。
ではいったい、そのアプローチの仕方とはどういったものなのでしょうか?
そこで今回は、男性に引かれてしまうアプローチ方法をご紹介したいと思います。
婚活中の方は、ついやってしまっていないか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<逆に引かれてしまう男性へのアプローチその1.自分を作りすぎてしまう>

好きな人に対しては、どうしても普段の自分よりも良く見せようとしてしまいますよね。
それが見え見えだと、男性は逆に引いてしまいます。
背伸びをして無理しているわけですから、あなた自身もいずれ疲れてきてしまいますし、もしも付き合えたとしても、素のあなたとのギャップにガッカリさせてしまうかもしれませんよね。
好きな人だからこそ、等身大の自分を見せるようにして、その姿を受け入れてもらうようにしましょう。

<逆に引かれてしまう男性へのアプローチその2.親しくないのに手作りプレゼント>

まだあんまり親しくも無い人から、手作りのプレゼントをもらったら、ちょっと気持ち悪いですよね。
あなたの中では気持ちが盛り上がっちゃって、喜んでくれると思うかもしれませんが、たいていの人はうれしいという感情の前に、警戒心が生まれるでしょう。
それこそ、みんなに手作りのクッキーやケーキを焼いて配るというのであれば全然問題はありません。
もしも気になる彼に自分の手作りのプレゼントを渡したいと思ったら、まずは周りのみんなも含めて、手作りのお菓子を振舞うというところからスタートしても良いでしょう。
そういう前提があれば、例えば彼のお誕生日に手作りのケーキを持ってきても、違和感はあまり与えないのではないでしょうか。

<逆に引かれてしまう男性へのアプローチその3.過剰なボディタッチ>

男性って意外と女性からのボディタッチはうれしい物なんですよね。
さりげなく肩や足などを触れられると、結構ドキッとしてしまうんです。
今まで異性として見てなかった人にボディタッチをされてから、急に意識するようになったという人も結構多いみたいですよ。
とは言え、やりすぎは禁物です。
あんまり過剰にベタベタとくっつくと、遊びなれてると思われたり、うざがられる可能性もあります。
あくまでさりげないボディタッチが効果的ですので、注意しましょう。

以上、逆に引かれてしまう男性へのアプローチを3つご紹介いたしました。
婚活でなかなか上手く行かないと焦っている時に限って、ついやってしまいがちなアプローチですが、そういう時こそ落ちついて行動するように心がけましょう。
普段の言動を振り返ってみて、同じようなアプローチをかけてしまっていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加