『別れた方が良いダラダラカップルの特徴』

『別れた方が良いダラダラカップルの特徴』

付き合い始めはお互いにラブラブで、彼と一緒なら何をしていても楽しかったけど、最近は昔みたいなドキドキが感じられない・・・。
このように付き合っている期間が長くなってくると、段々と彼との関係がだらけてくるという人も多いのではないでしょうか?
お互いに慣れてくると、昔のようなドキドキ感が薄らいできてしまい、それが次第にダラダラとした関係性につながってしまいます。
もちろん、お互いの気持ち次第でそのドキドキ感を取り戻すことは可能ですが、ここまで来ちゃったらもう別れた方がいいかも?と思うようなカップルもいるんです。
そこで今回は、すでに気持ちが冷め切ってしまっている?別れた方が良いダラダラカップルの特徴をご紹介したいと思います。
ひょっとしたらと思い当たる事がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<別れた方が良いダラダラカップルの特徴その1.記念日やイベントがダラダラ>

カップルにとって特別な日と言えるのが、記念日やイベント事ですよね。
付き合って○年記念・お互いの誕生日といった記念日や、クリスマス・バレンタインデー・ホワイトデーなどのイベント事。
付き合い始めたばかりの頃は、そのような日には力を入れてお祝いしていたけれど、最近はなんだか適当に済ませてしまっていたり、そもそもお祝いをしなかったりしていませんか?
「今さらそんな事やるのも面倒くさい」とか「そんな事に時間とお金をかけたくない」などと思ってしまっているカップルは、残念ながらお別れしたほうが良いかもしれませんね。
これから先付き合っていても、何も進展することなく終わってしまうのではないでしょうか。
もしあまり気が乗らなかったとしても、ぜひもう一度あの頃の気持ちを取り戻すためにも、記念日やイベントに力を入れてみてはいかがでしょうか。

<別れた方が良いダラダラカップルの特徴その2.相手のどこが好きなのか分からない>

付き合っているという事は、当然お互いに惹かれあう部分があるからですよね。
付き合ったばかりの頃は、相手の全部が好きと言えたかもしれませんが、長く付き合っていくうちに、だんだんと魅力に感じていた部分が色あせてきてしまうのはしょうがありません。
ですが付き合いたての頃に比べて、長く付き合っていればいるほど相手の事が良く分かってくるので、新たな彼の良い部分を見つけることが出来ますよね。
その部分を考慮しても、相手のどこが好きなのか分からないというのであれば、彼への気持ちが冷めてしまっている証拠と言えます。
今一度、彼の良い部分と悪い部分を良く思い出し、自分は彼のどこが好きなんだろうという事をじっくり考えるようにしてみてください。
今まで気付かなかった彼への思いに気付き、新鮮な気持ちで彼と接する事ができるようになるかもしれませんよ。

<別れた方が良いダラダラカップルの特徴その3.予定を急遽ドタキャンされても大丈夫>

デートをドタキャンされても平気だったり、「予定が空いてラッキー」などと思ってしまうという人は、彼とのデートが億劫に感じているからかもしれません。
本当に彼の事が好きなんだったら、彼に会いたいという気持ちが強いはずです。
彼とデートがしたくてしているのか、あるいはただなんとなくダラダラと一緒に出かけているだけなのか、ぜひ見極めるようにしてください。

以上、別れた方が良いダラダラカップルの特徴を3つご紹介いたしました。
ぜひ今の彼との関係性を見つめなおしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加