『彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけること』

『彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけること』

彼から突然のプロポーズ。
待ち望んでいたのであればすごくうれしいですが、思いもよらないタイミングでされてしまうと少し悩んでしまいますよね。
一生を共に過ごすわけですから、「本当にこの人で良いのだろうか?」という迷いが生じてしまうのは当然のことですが、あまり悩みすぎて彼に長い時間返事を待たせてしまうのはよくありません。
結婚相手を決めるのに、何か指標のようなものがあれば悩まずに済むのですが、それぞれ価値観が違うため、決め手は必ずこれといったようなものは存在しないですよね。
ですので、最終的には自分自身に問いかけて決めるしかありません。
ではいったい、何を基準に結婚相手を決めたらいいのでしょうか。
そこで今回は、「彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけること」をご紹介したいと思います。
自分の一生を左右する問題ですので、慎重になってしまうとは思いますが、彼との結婚に迷っているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

<彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけることその1.彼の短所も含めて愛せるか>

付き合い始めは相手への気持ちが大きすぎて、良いところしか見えませんが、長い年月付き合っていくと段々嫌な部分が見え始めてきますよね。
そんな彼の短所も含めて愛せるかどうかを自分自身に問いかけてみてください。
結婚するとなるとこの先何十年と一緒に過ごすわけですから、彼の短所が現時点で受け入れられないのであれば、当然結婚生活を送るのは難しいでしょう。
もしもあなたが注意して彼が改善してくれるようであれば良いのですが、聞く耳をもたずに改善しようとしないのであれば、早い段階で見切りをつけた方が良いかもしれませんね。

<彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけることその2.彼のために妥協できるか>

結婚をするということは、人生を共にするということです。
一緒に生活をするわけですから、当然お互いのライフスタイルや価値観などに納得出来ない部分があるでしょう。
お互いに譲り合う気持ちが大切ですが、本当に自分が大切に思っていることでも、彼のために妥協できるかどうかを考えてみてください。
向こうも折れずに自分も譲れないというのであれば、これから先何十年と一緒に暮らすのは難しいのではないでしょうか。
自分が大切にしている部分を妥協しても良いという相手なのであれば、きっとこれから先も上手くやっていけますよ。

<彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけることその3.お互いの価値観を尊重し合えるか>

どんなに長く付き合っていたとしても、所詮は赤の他人です。
自分と100%考え方が合う人なんていませんよね。
当然彼ともそれで衝突が生まれてくると思いますが、お互いが「自分が絶対に正しくて相手が間違っている」という考え方では、おそらく結婚は無理でしょう。
毎回衝突が生じるたびに片一方が折れるのではなく、お互いに譲歩出来る関係を築けるような相手を見つけてくださいね。

以上、彼との結婚に迷った時に自分自身に問いかけることを3つご紹介いたしました。
結婚に対する価値観や基準は人それぞれですが、うわべだけの情報や感情で決断してしまっては、きっと後悔する事になります。
ここぞという時には、自分自身としっかりと向き合い、問いかけてみることが非常に大切になってきますので、ぜひ心がけておいてくださいね。

水戸会場の婚活パーティー結果報告

05/21(日)18:00 水戸会場 男性:26名 女性:21名 13組(55%)
今日は男女ともにアポなし参加の方がほぼいませんでした。
(フリータイム制は予約なしでも参加可能)
弊社のフリータイム制でアポなし参加者がいらっしゃらないのは非常に珍しいです。
ですので、ホームページ掲載の予想より少し少なめでした。
(HP予想は、予約数にアポなしを加味して予想立てします)
結果的には良いパーティーでしたね。満足しています。
次回も同じように良いパーティーになるように頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加