『あなたから別れを告げたときにやるべきこと』

『あなたから別れを告げたときにやるべきこと』

大好きだった恋人も、時が経つにつれてだんだんと愛せなくなっていき、最終的に自分から別れを告げてしまったなんていう経験を持つ人って、結構多いのではないでしょうか。
「他に好きな人が出来た」とか「どうしても許せない部分があり生理的に受け付けなくなってしまった」など、愛せなくなってしまった理由は様々ですが、好きという気持ちがないのであればズルズルと付き合っていくのは、自分にとっても相手にとっても良くありません。
なので、そういう時に思い切って別れを選ぶのは良い判断だと思います。
とはいえ、一度は愛し合った者同士、どうせなら揉めるよりも円満に後腐れなくお別れしたいですよね。
あなたから別れを切り出した以上は、あなたが責任を持って円満な別れに導いていく必要があります。
そこで今回は、あなたから別れを告げたときにやるべきことをご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

<あなたから別れを告げたときにやるべきことその1.相手に感謝の気持ちを伝える>

様々な理由から相手を愛せなくなってしまったとしても、一度は愛し合い親密な関係になった間柄ですので、感謝をするべきことはたくさんあるはずですよね。
相手への不満や愚痴を一方的に述べて別れを告げても、お互いにわだかまりが残ります。
もちろん相手に対して思うところがあって別れを選んだわけですが、その気持ちを相手にぶつけるのではなく、感謝すべき部分を見つけ相手に伝えるようにしましょう。
そうすればきっと相手も納得して、遺恨の残るような別れにはならないはずです。

<あなたから別れを告げたときにやるべきことその2.すべてをリセットする>

恋人と別れた後も写真や思い出の品をとっていませんか?
もしあなたの方から別れを選んだのであれば、すべてを削除してキレイさっぱりリセットしてください。
思い出は思い出としてとっておきたいという気持ちは分かりますが、もしあなたが思い出を残しているという事が相手に伝われば、きっと相手も未練が残るのではないでしょうか。
友達として新しく関係を築き上げていくにせよ、一旦恋人としての関係をすべて白紙にしてください。
そして、また1から友人関係として構築していくようにしましょう。

<あなたから別れを告げたときにやるべきことその3.しばらくは連絡をしない>

もしあなたが別れた相手と、今後は友達として付き合っていきたいと思っていても、しばらくは連絡を取るのは控えるようにしましょう。
あなたは別れを切り出した側ですので未練はないでしょうが、相手はひょっとしたらあなたの事をまだ好きかもしれません。
そんな状況の中で、あなたから連絡が来れば期待をしてしまいますよね。
別れてからしばらくの間は、相手も気持ちの整理をつけるためにある程度の時間が必要です。
こちらから別れを告げた責任として、相手の気持ちに配慮してあげるよう心がけましょう。

以上、あなたから別れを告げたときにやるべきことを3つご紹介いたしました。
別れを告げられた方もツライですが、告げる方もツライですよね。
少しでもお互いの気持ちが楽になれるように、上記3つの事は必ず実践するようにしてください。
そして、円満に別れた後は新たな恋愛へと踏み出してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加