『食事デート中の気遣いで好感度アップ』

『食事デート中の気遣いで好感度アップ』

恋人や気になる異性とのデートと言えば、どこに行きたいですか?

ショッピングや映画、遊園地や水族館など遊ぶ場所がたくさんあるので、迷ってしまいますよね。

でも、どこに遊びに行ったとしても、デートをすればほぼ行くことになるのが食事です。

食事は生活をしていく上でも必ず必要となってくるとても大切なシーン。

そんな食事の最中こそ気を抜かずに、ちょっとした気遣いを見せるだけで、相手からの印象をアップすることが出来ちゃうんです。

今回は相手に好印象を与える食事中のちょっとした気遣いをいくつか紹介します。

ぜひ参考にしてみて、好感度をアップさせちゃいましょう。tsu73_cakejyosi15143657-thumb-815xauto-15197

<食事中の気遣いその1.セルフサービス>

最近の飲食店では、お水やナプキンなどを自分で取ってくる「セルフサービス」を採用しているところが増えてきています。

そのようなお店では、席についてボーっとしていたり、相手に持ってきてもらう前に、率先して自分から取りに行きましょう。

もちろん自分の分だけでなく、相手の分まで持っていってあげてくださいね。

そうすることによって、相手から「気が利く人だな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

<食事中の気遣いその2.店員さんへの気遣い>

いくら相手に対して気遣いを 持っていても、店員さんに対して横柄な態度を取っていたら、かなりの悪印象。

「今は猫かぶってやさしいけど、素の性格はこうなんだ」と思われてしまいます。

逆に店員さんに対しても気遣いが出来るところを見せれば、「誰に対しても優しく気配りの出来る人」と思われるかもしれません。

例えば、店員さんが料理を運んでき時にテーブルの上の物をどかして料理を置くスペースを作ったり、食べ終わった食器を片付ける時に店員さんに渡してあげる等といった気配りを持ちましょう。

<食事中の気遣いその3.食べるタイミング>

たくさんあるメニューの中から、何を食べようかとついつい悩んでしまいますが、それも楽しみの一つ。

しかし悩んだ末にようやく食べたいものが決まり、注文したはいいけど料理がなかなか運ばれてこないなんて事よくありますよね。

お腹が空いているときなら、なおさら待つ時間が長く感じてしまいます。

そして、待ちに待った料理が自分の前に運ばれてきてようやく食べられると思った矢先、目の前を見ると相手の分がまだ運ばれてきていない。

そんな時あなたはどうしますか?

相手によっては「先に食べてていいよ」なんて言ってくれるかもしれませんが、ここで甘えて先に食べてしまってはだめ!

相手の分が運ばれてくるまで待って一緒に食べ始めることで、気遣いの出来る優しい人だと思われるでしょう。

そして待っている間も、ただ黙々と 待っているのではなく、自分から話題を振って相手に気を使わせないように出来ればベストです。

いかがでしたか?
どれも少し気をつければ出来る事なので、ぜひ実践してみてくださいね。

つくば会場の婚活パーティー結果報告

8/13(土)18:45 つくば会場 男性:90名 女性:72名 38組(47%)
何とかなった・・・!というのが第一印象です!
今日はいかんせん予約が伸びませんでした。
前日で男性32名:女性34名 このアナウンスをみて参加を躊躇した方もいたのでは?と思います。
予約数を実数で出している会社はこれが嫌なんですよね…
「満」とか「もうすぐ完売」とかあやふやな表記だと、予約数が実際何人いるかわかりませんので問題ないのですが、弊社は実数で出しているので、勝手にセルフジャッジされちゃうんですよね。
でも、良かった!アポ無し参加可能を信じました!パーティー内容も最高でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加